土星と冥王星のアスペクト

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

☆土星と冥王星のアスペクト(オーブ±6度(セクスタイルのみ±4度))


★合(土星と冥王星が0度)

土星の現実感・ルール意識と限界を表わす冥王星が重なると、これまでの常識や記録を打ち破ることに執念を燃やします。

土星は安定性・持久性と考えることもできるので、それが冥王星によって並外れたものになり、物事に根気よく取り組みます。

実際にも大きな成果を上げるでしょう。


★セクスタイル(土星と冥王星が60度)

★トライン(土星と冥王星が120度)

強固な持久力の持ち主であり、失敗しても改善すべき点を直して何度でも再出発をはかります。

時間はかかりますが社会的成功を手にできる人です。

トラインの方が修復力が強いので、社会的成功もトラインの方が得られやすくなります。

小さなことに揺るがない安定性を備えているため、細かいことには反応できない鈍い人と思われることもあります。


★スクエア(土星と冥王星が90度)

スクエアでは、冥王星の限界を超える破壊的な面が強調されます。

社会制度や権力者に対する不平不満があり、怒りをそこへ向けます。考え方が偏りがちになるので、自分の偏見を分析して、ならす必要があります。


★オポジション(土星と冥王星が180度)

オポジションは常にはたらく影響力なので、冥王星の超越したパワーにも土星の制限力が加わり、偏見を持った狭量な人になりがちです。

ただ、常に影響されていることから、プレッシャーには慣れ、強い耐性を現すことになります。深刻な中でも意志力を貫くことができるでしょう。社会制度に対する不満も、社会改革の意志として健全にはたらかせることができます。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト