太陽と土星のアスペクト

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

☆太陽と土星のアスペクト(オーブ±8度(セクスタイルのみ±6度))


 ★合(太陽と土星が0度)

人生を作り出していく太陽の力と、人生を完成させる土星の力が重なり合うので、自己完結的で、脇目もふらず目標に向かっていく禁欲的な人格が形成されます。

自分の中で土星的な管理の作用を身につけていない人は、父親のような存在から管理されて生きる息苦しい人生になります。

この相をもつ人は、年齢差のある結婚相手を選ぶケースもよくあります。 


 ★セクスタイル(太陽と土星が60度)

★トライン(太陽と土星が120度)

セクスタイルは土星の方向づけを、間接的なものから受けるというパターンになります。

伝記で読んだ人物像などに憧れ、それに土星の力が託されて人生のルールができていく、という感じです。

トラインはもっと生来的な資質として、土星の力を受け入れやすい人です。太陽という自我を土星という組織的な目的のために方向づけることができ、それを苦とも思いません。

そのため特に年長者から重用され、多く晩成型ですが企業や組織の中で成功しやすくなります。

太陽が土星とこのようなイージーアスペクトを作る女性は、どこか古風でありながらも誠実で責任感ある男性を配偶者像としてもっているといえます。


★スクエア(太陽と土星が90度)

人生を作り出していく進行形の太陽と、人生の最終イメージである土星の間にズレがあり、葛藤となります。

太陽からすると土星は異質なイメージとして映るので、「ああはなりたくない」と反抗的な人物になりがちです。実際に反抗的な行動に出ない場合も多くありますが、いずれにしても心に違和感を抱いて生きています。

ただ、スクエアは修正作用を促すアスペクトでもあるので、いろいろな経験を積んで、最終的には本来の土星のコースに戻ってくることになります。 


★オポジション(太陽と土星が180度)

オポジションは常にはたらく影響力です。

土星の規制力が太陽の自我を常に監視しているので、非常にまじめな人が多くなります。

父や上司などの年配者のいいつけを忠実に守り、道を外れることに恐怖さえ覚えるでしょう。

スクエアのような対決姿勢はないので、対人関係は悪くはなく、上司などから見れば忠実で良い人物に映るでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト