太陽と火星のアスペクト

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

☆太陽と火星のアスペクト(オーブ±8度(セクスタイルのみ±6度))


合(太陽と火星が0度)

人生に対する積極性が増し、意志力も欲望も強くなるでしょう。人生は勝ち取るものだという意識が強く、いわゆる仕切り屋になります。職場などの狭い範囲では、リーダーシップを発揮する可能性が高いです。穏やかで目立たない生き方をよしとするような人には理解を示しません。

女性のホロスコープでは、太陽も火星も男性を意味します。配偶者としての太陽に、男性的な攻撃性(火星)を求めるので、おとなしくて紳士的な男性は配偶者に向いていないでしょう。仕事に対して全力で情熱を注ぐような男性を夫に選ぶはずです。夫は人生の勝利者たるべきという信念を持っているので、夫が衰運気味の時は不満がたまり、意地悪になる傾向があります。


★セクスタイル(太陽と火星が60度)

★トライン(太陽と火星が120度)

セクスタイル(60度)は持てる力を積極的に建設的に使うことができるので、成功を収める場合も多いです。

トライン(120度)は同じ元素になる場合が多いので、その元素の性質がスムーズに強められます。競争の必要な分野では有利に働くアスペクトです。

いずれの場合も女性にとっては、仕事に対して全力の情熱を傾けるような男性を配偶者に選ぶでしょう。その場合、仕事熱心ですが無謀な起業などに走ることはなく、節度を守る男性であるはずです。


★スクエア(太陽と火星が90度)

興奮しやすく挑発的な対人姿勢をもっています。言い過ぎ、やり過ぎで、人とトラブルを起こすことが多いです。中立的な太陽の影響力のすきをついて火星の欲望が飛び出しやすく、攻撃性が出すぎた場合は、太陽の進む方向から外れるため、後で軌道修正が必要になります。太陽サインと火星サインの組み合わせによって、現象の表れ方は異なります。

女性にとってこの太陽は、やはり挑発的な態度を向けてくる男性を示します。配偶者となった場合は、夫婦げんかが絶えないでしょう。


★オポジション(太陽と火星が180度)

太陽と火星の間にスクエアほどの葛藤はなく、太陽の意志を火星が過剰に押し出す形になります。

オポジションは休みなく外界に働きかけるので、自己主張が攻撃的に強まると考えられます。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト