木星と土星のアスペクト

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

☆木星と土星のアスペクト(オーブ±6度(セクスタイルのみ±4度))


★合(木星と土星が0度)

自己肯定的な木星と、自己抑制的な土星が同居するアスペクトです。

この相はルール下での発展を意味します。

社会性があり、アメ(木星)とムチ(土星)を使い分ける訓練のやり方に長けているので、教育者として成功する人も多いです。

自制心がはたらくため、好きなことをして満足するよりも、仕事をこなして安心するほうを優先します。

社会のルールを体現する人、ということができます。


★セクスタイル(木星と土星が60度)

★トライン(木星と土星が120度)

道徳的でまっとうな生き方による穏やかな社会的発展を目指す人です。

仕事などでは、派手な活躍はありませんが、努力と引き換えにしっかりとした報酬を得ることができます。

持続性や安定性を要求される仕事をするとよいでしょう。

木星の発展に土星の保守的な指向が加わるため、公共性や伝統性のある分野でオーソドックスに発展する傾向があります。 


★スクエア(木星と土星が90度)

スクエアの影響は断続的に現れます。

木星の発展性と土星のブレーキの協調関係がギクシャクし、社会的に今ひとつ発展できません。

チャンスをつかむのが遅れたり、タイミングを読むのが下手だったりします。

ただ、スクエア特有の極端な影響はなく、年をとるほどに緩和していきます。 


★オポジション(木星と土星が180度)

オポジションは外界にはたらく作用です。

このアスペクトが示す教育性が、外への主張となって表われます。

人に対して正道を説きたがる人で、教育ママになったり、社会の規範的な立場に立ったりするでしょう。

教育関係に携わるのが適性といえそうです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト