金星と天王星のアスペクト

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

☆金星と天王星のアスペクト(オーブ±6度(セクスタイルのみ±4度))


★合(金星と天王星が0度)

友情と恋愛感情が混じり合いやすく、友人から恋人になったり、恋人から友人に戻ったりすることがあります。

平凡な恋愛を嫌う傾向があり、熱しやすく冷めやすい恋愛傾向を示す場合もあります。

また、一風変わった人を好きになることが多いです。

結婚後もこの影響は残るので、平凡な家庭生活では満足できません。

金星の美的センスを天王星の独自性が磨き上げるので非常に美的センスを持っています。

芸術系・美術系などで異彩を放つ人なので、そちらの分野で仕事・趣味をもつなどしてこのアスペクトの衝動を解放すると、平凡な結婚生活でも満たされるでしょう。


★セクスタイル(金星と天王星が60度)

★トライン(金星と天王星が120度)

都会的でライトな対人関係を好み、多くの友人に恵まれます。

また、新しいものには目がなく、変わった趣味をもつ人も多いです。

ライトな感覚が恋愛にも反映されるので、恋人や配偶者がいても、新しい恋に落ちてしまうこともあります。

ただ、誠実さを失うことはなく、パートナーを裏切るようなことは少ないです。

異性の友人も多いのですが、そういう天王星的な感覚を気にする束縛的な相手とはうまくいかないと感じるでしょう。

どんな対人関係でも広く浅くが基本で、まとわりつかれることは避けようとします。

上記の傾向はセクスタイルよりもトラインの方がはっきりしているでしょう。


 ★スクエア(金星と天王星が90度)

★オポジション(金星と天王星が180度)

天王星は独自性・自由を求めるのでその衝動が恋愛にも現れます。

自由な恋愛にときめきを覚えるタイプで、不倫や浮気、同性愛などにもほとんど抵抗感はありません。

ただ、金星は表層的な領域なので、どう転んだとしても太陽や月のように人生に大きな影響は与えません。

また、趣味などに天王星的な衝動を方向づけられれば、その分野で優れたセンスを発揮することができます。

スクエアの場合、影響は断続的なので、衝動感が強調されます。

金星の親しみやすさと天王星の誰とも親密になりたくない衝動が互いに影響を与え合います。それがかえって魅力になる人もいますが、恋愛関係は長続きしないでしょう。

また、芸術的センスや感性にエキセントリックなものを醸し出している人です。

オポジションは対外的な表現をとります。人にいかにインパクトを与えるか、ということに関心があり、その衝動をいつももっています。

それは人と違う装いや言動となって現れ、恋愛や結婚では、相手の言いなりになることに抵抗するでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト