金星と火星のアスペクト

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

☆金星と火星のアスペクト(オーブ±6度(セクスタイルのみ±4度))


★合(金星と火星が0度)

金星は女性、火星は男性を象徴します。

これが重なったとき、異性へ強い関心を持ち、性的にも興奮しやすいため奔放な恋愛行動をとりやすい性質が表われます。

どこか女っぽい男性、男っぽい女性という性質も備え、それはどちらかというと本人の魅力になります。

また男女とも面食いの傾向があります。

一方でこのアスペクトは、金星の趣味に火星が情熱というエネルギーを注ぐ形で作用する場合もあり、それが極端な場合は趣味に熱中しすぎて異性には関心をもたない人となります。


★セクスタイル(金星と火星が60度)

★トライン(金星と火星が120度)

いずれの場合も、男女間の対人関係の活発で穏和な関係性を表します。

情熱的な恋愛に熱中し、多くがモテやすい人ですが、相手に対する忠誠は守ろうとします。ただ、トラインでは細かいところを気にしない傾向があります。


★スクエア(金星と火星が90度)

スクエアの影響は断続的です。

これはすぐに結びつき、すぐに離れる男女関係としても現れます。

一目惚れ傾向が強く、一夜限りの恋や浮気にも弱いでしょう。

また、男性にとって金星は女性を、女性にとって火星は男性をそれぞれ象徴するので、浮気性な異性を選んでしまう形でこのアスペクトが反映される場合もあります。


★オポジション(金星と火星が180度)

オポジションは外に向かう自己表現として作用します。

金星と火星のオポジションでは異性へのアプローチが合よりも強まります。

金星を官能性、火星を興奮作用ととらえると、オポジションの作用は常にはたらくため、性的欲求のコントールが困難になり、恋愛中毒のような状況になる人もいます。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト