第1ハウスの土星

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

目の前に2つの道があるとすると、無意識に険しく困難な道を進む傾向があります。

自分で自分をルールに従わせようとするのですが、それは幼少期に自由を何らかの形で抑圧されたことが影響しているのかもしれません。

若い頃は自分の理想像とかけ離れているため、憂うつな人格になりやすいです。感情が表情に出ないので、暗い印象もあります。

周りの人は何とも思っていなくても、自分の容姿にコンプレックスを抱く人も少なくありません。

しかし、社会に出て目標が達成されると、しだいに温かく包容的な性格に変わっていきます。

また、年齢を重ねるほどに父性的な威厳を放つようになります。父親の印象がこの人にコピーされたように受け継がれるのです。

制限された人生ですが、それをありのままに認めることで人格は高められ、社会でも成功できます。

憂うつ感に支配される時は、自分を破壊したい衝動が強まります。健康には注意が必要でしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト