第2ハウスの木星

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

若い頃、貧しい生活をすることがあっても、本格的に困窮することはありません。46才以降の中年期には、特別な苦労をしなくても経済的に豊かになっていきます。

高収入を得て、個人財産を殖やすことで社会的に認められ、それが成功につながる、という循環ができていきます。中年期以降は余りある財産を得るようになるでしょう。

ただ、金銭感覚はルーズなため、優美な生き方を楽しんでいるうちにズルズルと浪費してしまう傾向があります。

なかには公共の利益のために財産の一部を寄付するような人もいます。「お金は天下の回りもの」というような感覚があり、所有することには固執しないので、総じて気前はいいようです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト