第4ハウス

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

4ハウスは、友達と遊ぶなどして外界との接触をはじめた子供たちが、夜には家へ帰る段階にたとえられます

家は具体的な土地としての場所だけでなく、ひとつの包容力のある心理的な場でもあります。1ハウスから3ハウスまでは個人のことしか意識しないのですが、見えないところで4ハウスに支えられていました。安定した生活のベースとしての家、精神的土壌としての家庭生活を「意識する」のが4ハウスです。

良心は、知的に考えて学ぶものではなく、友達や親やさまざまな人と共感し合い、仲間意識を育てる中で自然に養われます。4ハウスは自分や他人を慈しむというマナーを自然にはぐくみ、良心や心での結びつきを体験する場所でもあります。

人は家に帰って、一つ屋根の下に眠ります。このときに地球的な集合エネルギーを吸収しつつ、家族の結びつきを確認します。

4ハウスの基点であるICは地下の座であり、意識できない活力源を表しています。4ハウスが示す事柄は表向きは目立ちませんが、そこから切り離されると人は自分を見失い、生きることに不安を覚えるでしょう。人間に心理的な落ち着きと余裕を与える「心のふるさと」が4ハウスです。


4ハウスが示す領域

■家族
■家庭環境
■家庭生活
■家屋
■家の近所
■故郷
■土地(不動産)
■落ち着く環境
■先祖・墓


4ハウスの太陽 4ハウスの月
4ハウスの水星 4ハウスの金星
4ハウスの火星 4ハウスの木星
4ハウスの土星 4ハウスの天王星
4ハウスの海王星 4ハウスの冥王星

ハウスに天体が不在の場合はこちらをご覧下さい。

ハウスの支配星の流れを追う

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト