第7ハウス

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

人はアセンダントに始まる1ハウスで主体としての「わたし」の発祥を体験しました。ディセンダントに始まる7ハウスでは、外から見られる客体としての「わたし」がテーマになります。

人は社会に出て、かかわる相手から評価を受けることで、新たな「自覚」をもちます。自分はすばらしい才能があると信じていた人も、社会に出て多くの人とかかわる中で、無数のすばらしい人がいて、自分は多くの中のひとりでしかないことを自覚します。7ハウスで、それまでの努力や持って生まれた才能が認められるか、はっきりと絶たれるかが決まるのです。

このように7ハウスは、それまでの個人的な人間を社会的価値観の中で映し出す鏡の役割をします。7ハウスは、結婚相手を選び出す試行錯誤や、仕事上の協力者、援助者なども意味しています。


7ハウスが示す領域

■結婚
■恋愛
■配偶者
■仕事上のパートナー
■敵
■ライバル
■相談相手
■一対一の人間関係


7ハウスの太陽 7ハウスの月
7ハウスの水星 7ハウスの金星
7ハウスの火星 7ハウスの木星
7ハウスの土星 7ハウスの天王星
7ハウスの海王星 7ハウスの冥王星

ハウスに天体が不在の場合はこちらをご覧下さい。

ハウスの支配星の流れを追う

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト