誕生数

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

誕生数によってわかるのは、人の行動原理です。

数学で有名なピタゴラスが起源といわれています。

誕生年月日の各数字を計算して出すもの(誕生数あるいは軌道数とよばれる)と、誕生月日の各数字を計算して出すもの(条件付けの数などとよばれる)があります。


条件付けの数は、30才ぐらいまでの行動原理を示しています。

すなわち30才までの人は「条件付けの数」の要素が強くなります。30才以降の人は「誕生数」の要素が強くなります。

多くの人は2つの数字タイプに支配されます。


では誕生数を出します。

誕生年月日の各数字を一桁になるまで足すのです。

たとえば1972年5月21日であれば
1+9+7+2+5+2+1=27
2+7=9
ここで一桁になりました。誕生数は9です。

誰もが1から9までのいずれかになります。


条件付けの数誕生月日を一桁になるまで足します

たとえば5月21日ですと
5+2+1=8  →  条件付けの数は8

11月18日の場合は
1+1+1+8=11

1+1=2 → 条件付けの数は2


「条件付けの数」「誕生数」ともに、数字が示す人間性は同様と考えてよいでしょう。


1のタイプ 2のタイプ 3のタイプ
4のタイプ 5のタイプ 6のタイプ
7のタイプ 8のタイプ 9のタイプ

          

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

人を見る目を養うサイト