IMALUさんのホロスコープ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

明石家さんまさんと大竹しのぶさんの娘、IMALUさんのホロスコープ(出生時刻確定)をみます。

略歴
1989年9月19日14時4分頃、東京都内の病院で生まれる。生まれた時の体重は3240g。父はお笑いタレントの明石家さんま、母は女優の大竹しのぶ(1992年9月に離婚)。名前の『いまる』は父親であるさんまの座右の銘「いきてるだけでまるもうけ(生きてるだけで丸儲け)」からと、一方大竹は「いまをいきる(今を生きる)」から命名したと述べている。この名前は変わった名前だとして、父さんまはみんなから反対されたと言うが「かっこいいと思ったから」とも言っていた。異父兄がいる。(ウィキペディアより引用)


アセンダントは山羊座。

「痩せた」「小さい」などをあらわす山羊座の性質が、彼女の容姿に表れています。

公称サイズ(2009年時点)
身長 / 150 cm 
(ウィキペディアより引用)


冒頭で「明石家さんまさんと大竹しのぶさんの…」と紹介しましたが、彼女の人生にはこの枕詞が付いて回りそうです。

本人にしてみればつらい経験でしょう。生まれてからずっと言われ続けるわけですから。

つらい経験をあらわすのはカイロンです。

カイロンは一対一の対人関係をあらわす7ハウスのカスプ(ディセンダント)に乗っています。

蟹座のカイロンは養育に関するコンプレックスをあらわします。つまり「親の七光りで…」と人から見られてしまうコンプレックスが、そのまま示されています。


父親をあらわすのは土星です。土星は12ハウスにあり、カイロンとゆるいオポジションです。

なぜ父親をあらわす土星が12ハウスにあるのでしょうか。

なぜなら、生後間もなく彼女の父親ではなくなったからです。

出生より2歳までの姓は杉本(すぎもと)。  両親が離婚し、親権は母・大竹が持った。(ウィキペディアより引用)

山羊座にある12ハウスの土星は、社会的(山羊座)には父親(土星)が消えた(12ハウス)と読めます。

消えたと読めるワケは、土星が同じ12ハウスの天王星(分断をあらわす)と海王星(関係のあいまいさをあらわす)に合の範囲で挟まれているからです。

ちなみに土星と天王星の間にある天体はベスタという小惑星で、犠牲や独身をあらわします。

アセンダントの前後は出生前後の状況と考えると、これもさんまさんの運命を予見していますね。


公的な生き方をあらわす太陽は8ハウスにあります。

8ハウスは「継承」をあらわす部屋であり、カスプが創造性をあらわす獅子座なので、親の七光りで芸能活動しそうだと想像できます。

しかし、太陽・火星には目ぼしいアスペクトがないため、親に依存したとは言い切れません。

また、8ハウスにはドラゴンテイル(発展しない分野をあらわす)もあり、親の威光だけでは生きていけないことが分かります。

そもそも乙女座はインターセプト(サインが一つのハウスにすっぽりと隠れる)なので、乙女座の太陽・火星は意識しづらい天体です。

デビュー前は両親が有名芸能人であることのプレッシャーを感じなかったが、デビュー後には両親からの大きな影響を肌で感じている。(ウィキペディアより引用)

親の名声は生まれながらに背負わされた重荷です。

しかしプレッシャーを感じなかったのであれば、乙女座のインターセプトは彼女にはメリットでした。


仕事の原動力は太陽・火星ではなく、MCにトラインの6ハウス木星と、MCに乗る金星でしょう。

そのほか9ハウス水星は語学留学や、海外の音楽やファッション(天秤座)に結びつきました。

もちろんそれらの背後には社会的なカリスマ(さそり座10ハウス冥王星)の後押し(MC・金星・冥王星の合)があったことは誰もが想像する通りです。

東京都の私立女子中学校を卒業後、語学留学のためカナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリアに住み、隣接するオークベイ市にあるオークベイ・ハイスクールへ進学。2008年4月に卒業した。両親共に芸能人であることに加え本人も音楽好きでヒップホップのダンスレッスンやボイストレーニング、ジャズ、ギターを通して歌手を強く志して芸能界入りを決意し、芸能界へのデビューについて大竹しのぶが明石家さんまへ報告した。(中略)デビュー時には、父・さんまから「親の名前でデビューするんだから、人の倍は努力しろ」と言われた。(ウィキペディアより引用)


では、親の世界観には子供はどう映るのか。ふと思い立ってさんまさんのホロスコープを見ました。


子供をあらわすのは5ハウスです。

さんまさんの5ハウスには天体がありません。

そのため子供の状況は5ハウスの支配星の行方に従います。

5ハウスのカスプは牡牛座。牡牛座の支配星は金星で、6ハウスに在室します。

金星は、なんと水星と合なのです。

つまりさんまさんの子供は、小さな(水星)女の子(金星)。


金星のアスペクトは10ハウスの海王星に伸びています。

これは社会的(10ハウス)にはあいまいな(海王星)関係(アスペクトあり)と読めます。

しかしそのアスペクトがトラインなので、社会的関係が断たれても子供とは仲良し(トライン)です。

父・さんまと同居していた頃の記憶はほとんどないが、両親は離婚後も良好な関係を維持したため、IMALUはさんまと映画を観に行ったり食事をするなどしていた。(ウィキペディアより引用)

金星のもう一つのアスペクトは獅子座8ハウスの冥王星。やはり、親のカリスマ性(冥王星)を継承した(8ハウス)芸能活動(獅子座)が暗示されています。


IMALUさんの人生は、すでにお父さんの世界観として、お父さんのホロスコープに描かれていたのです。


以上、IMALUさんのホロスコープでした。


明石家さんまさんの記事はこちらです

明石家さんまさんのホロスコープ


この他の有名人はこちらをご覧下さい

有名人のホロスコープ一覧

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク